1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 医薬品卸事業
  4. ジェネリック医薬品Q&A

事業紹介

ジェネリック医薬品Q&A

ジェネリック医薬品とはどういう薬ですか
医療用医薬品には、先発医薬品とジェネリック医薬品の2種類があります。先発医薬品は日本で最初に発売される医薬品で、発売後一定の独占販売期間が認められています。一方、ジェネリック医薬品は先発医薬品の特許期間満了後に同じ有効成分で製造販売される医薬品のことです。開発費用が抑えられるため、先発医薬品に比べ安価です。先発医薬品の後から発売されますので、「後発医薬品」とも呼ばれています。
ジェネリック医薬品という名前の由来を教えてください
医療先進国の欧米では、処方せんに商品名ではなく、成分名を記載するのが一般的です。そして多くの場合は、安価なジェネリック医薬品が選択されますので、成分名=一般名(generic name)から「ジェネリック医薬品」と呼ばれるようになったと言われています。
すべての先発医薬品に対してジェネリック医薬品があるのですか
先発医薬品が特許期間中のものなどジェネリック医薬品が発売されていないケースもあります。詳しくは医師、薬剤師にご相談ください。
ジェネリック医薬品の効き目や安全性は、先発医薬品と同じですか
ジェネリック医薬品は、先発医薬品同様に薬機法に定められた厳しい規制や基準を守って製造されています。また、ジェネリック医薬品の成分は既に先発医薬品として多くの患者さまに使用され有効性や安全性が確認されていますので、先発医薬品とほぼ同じと言えます。
ジェネリック医薬品に変更すればお薬代は必ず安くなりますか
ほとんどの場合は安くなりますが、必ず安くなると言うわけではありません。先発医薬品との価格差が少なく、大きな差がない場合もあります。

関連コンテンツ