1. トップページ
  2. IR情報
  3. IRライブラリ
  4. 事業報告書
  5. 第21期 中間事業報告書 店舗戦略

IR情報

第21期 中間事業報告書 店舗戦略

医薬分業率の低い(成長性の高い)関西圏での計画的な出店

三重県でトップの処方箋応需枚数→関西エリアに拡大

わが国の医薬分業率は、平成15年度に初めて50%を超え、平成16年度には53.8%となりました。これに伴って、平成16年度の市場規模は4.2兆円となり、初めて4兆円を突破いたしました。引き続き順調に推移すると、最終的な分業率は70~80%に達し、調剤市場は6~7兆円規模に拡大することが予想されます。

こうした環境の下、当社は医薬分業率の低い(=潜在需要が大きい)関西地区を主戦場と位置付けております。大型病院前の好立地を中心に、積極的かつ計画的な店舗展開を進めて参ります。

平成16年度 医薬分業率

  • 医薬分業率の高い地域
    ランク 都道府県 医薬分業率
    1 秋田県 72.9%
    2 佐賀県 71.4%
    3 神奈川県 70.7%
    4 沖縄県 67.5%
    5 宮城県 66.0%
    6 新潟県 65.9%
    7 東京都 65.4%
    8 宮崎県 62.9%
    9 北海道 61.8%
    10 青森県 61.4%
  • 当社出店地域
    ランク 都道府県 医薬分業率
    9 北海道 61.8%
    28 兵庫県 51.4%
    31 島根県 46.9%
    34 滋賀県 45.6%
    35 三重県 43.7%
    37 愛知県 42.3%
    39 奈良県 37.9%
    40 大阪府 37.3%
    45 京都府 30.8%
    47 福井県 18.7%

※ランクは都道府県別に医薬分業率の高い順

  • 全国平均 53.8%
  • 出所:日本薬剤師会
    平成16年3月~平成17年2月