第22期 事業報告書 介護事業の強化

第22期 事業報告書 目次

当社は、調剤薬局事業で培ったノウハウとネットワークを活用し、新たな事業展開として有料老人ホームの運営を行なう介護事業を推進してまいります。

高齢化の進展

日本の人口構造は、少子高齢化の進展によって大きな変化が生じています。そのなかでも65歳以上の高齢者人口の増加は著しく、超高齢社会(高齢化率21%以上)は目前に迫っています。このような環境変化に対応するため、高齢者住宅市場を中心としたマーケットが急速に拡大しています。

  • 高齢化の進展

    2005年と2015年の人口構成・高齢化率比較グラフ

    出所:総務省統計局および国立社会保障・人口問題研究所

  • 有料老人ホームの施設数

    有料老人ホーム施設推移グラフ

    出所:厚生労働省 社会福祉施設等調査

当社の戦略

当社が進める有料老人ホームのコンセプトは「医・食・住・遊」。医療依存度の高い方でも安心して暮らすことのできるよう、医療機関、介護事業者との連携強化を図ります。また、日常生活に欠かすことのできない、美味しい食事と楽しく豊かな生活を提供する施設を展開していきます。

  1. 高齢者住宅の将来展望

    • 供給戸数の増加
    • 入居者ニーズの多様化
    • 医療法人の参入による競争激化
  2. 入居希望者の望む医・食・住・遊の提供が必要

  3. 当社の戦略

    • 医療と介護の連携により、医療依存度の高い高齢者でも入居可能
    • 安全かつ美味しい食事と快適な住空間を提供

事業報告書目次