第23期 中間事業報告書 トピックス

第23期 中間事業報告書 目次

第三者割当増資を実施

5月10日、ハウス食品株式会社とイオン株式会社に第三者割当増資を実施しました。調達した資金は調剤薬局事業の出店及び有料老人ホームの建設資金に充当し、医療・介護ビジネスのさらなる事業拡大を図っていきます。

ハウス食品株式会社とは高齢者向け事業に関して相互に研究を行ないます。

フラワー薬局寿店を新規開局

当中間期において、4月にフラワー薬局寿店(三重県桑名市)を開局しました。今後も安全性を最優先するとともに、患者様の視点に立った医療サービスを提供する薬局づくりを進めます。


高齢者住宅の運営開始


出雲鳳光苑

高齢者向けサービスの拡充が進められるなか、今期に入り2施設の高齢者住宅の運営を開始しました。3月には介護付有料老人ホーム「鳳光苑」(島根県簸川郡)、6月には高齢者向け優良賃貸住宅「出雲鳳光苑」(島根県出雲市)の運営を開始しました。現在、3施設目の開設に向けた準備を進めています。


山梨薬剤センターを子会社化

7月25日、調剤薬局を経営する株式会社山梨薬剤センター(山梨県山梨市)の株式を取得し子会社化しました。山梨県下で単店として売上、設備ともに屈指の調剤薬局を経営する同社をグループの一員として迎えたことにより、昨年5月の神奈川県に続く関東圏への進出となりました。


社会貢献活動

5月24日の株主総会終了後、医療に対するボランティア活動を行なう二つの劇団に寄付させていただきました。また、8月には三重大学医学部附属病院小児科が血液難病、小児癌のお子様を対象に初めて主催した「血液腫瘍外来サマーキャンプ」を後援しました。



事業報告書目次