日生、ビッグデータ活用し健康支援サービス

日本生命保険は17日、医療ビッグデータを使った健康支援サービスを2018年4月に始めると発表した。野村総合研究所〈4307〉とリクルートホールディングス〈6098〉と連携する。企業や健康保険組合に販売し、健康増進や保険給付金の削減に役立つ助言を行う。20年度末までに500万人分のデータの蓄積と分析を目指す。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)