1. トップページ
  2. 8月9日掲載分
  3. 医療ニュース

医療ニュース

がん5年生存率、65.2%=188病院ごとデータも―国立がん研究センター

国立がん研究センターは9日付で、2008年に全国のがん診療連携拠点病院209施設でがんと診断された患者の5年生存率は65.2%だったと発表した。うち188施設については、胃、大腸、肝臓、肺、乳房(女性)の5大がんの施設ごとの生存率をホームページ上に初めて掲載した。

集計対象は、厚生労働省が指定する拠点病院(15年時点で425施設)のうち、90%以上の患者の生死を把握できたなどの条件を満たす209施設。

08年に診断を受けた患者延べ約21万4500人が、5年後に生存していた率をまとめたところ、がん以外の原因での死亡の影響を除いた「相対生存率」は65.2%だった。

がんの部位別の生存率は、高い順に前立腺97.7%、女性乳房92.7%、子宮体部82.8%、子宮頸部(けいぶ)75.6%、大腸72.6%、ぼうこう71.2%、胃70.4%、食道43.4%、肺39.1%、肝臓38.5%、膵臓(すいぞう)9.9%だった。

拠点病院の生存率集計が発表されるのは、07年に診断されたがん全体と5大がんの値に続いて2回目。

患者から公表の要望が強い施設別生存率について、同センターは「がんが進行した患者を多く受け入れているなどの要因で大きく変わる。治療成績そのものを示すわけではない」と指摘し、各施設による見解や進行度別の患者数を併せて紹介した。

施設別の生存率は同センターのホームページ(http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/brochure/hosp_c_reg_surv.html)に掲載した。

時事通信社

(Copyright(C)2007時事通信社)