1. トップページ
  2. 9月7日掲載分
  3. 医療ニュース

医療ニュース

再生医療用ES細胞を承認=治験も申請へ、成育医療研究センター

厚生労働省の専門委員会は6日、再生医療用の胚性幹細胞(ES細胞)を作製する国立成育医療研究センター(東京)の計画を承認した。

同センターは今年度中にも医療用細胞を作製。遺伝疾患などの患者を対象とした臨床研究を目指す。医療機関や製薬企業にも配布する。医療用細胞の作製承認は、京都大に続き2例目。

これとは別に、同センターはES細胞を用いた国内初の臨床試験(治験)の申請を今年度中に行う方針だ。対象は、有毒なアンモニアを肝臓で分解できない「高アンモニア血症」の赤ちゃん。ES細胞を肝細胞に変え、へその緒の血管から注入して肝臓に送る。

時事通信社

(Copyright(C)2007時事通信社)