1. トップページ
  2. 名所紹介
  3. 御城番屋敷(松阪市)

名所紹介

御城番屋敷(松阪市)

御城番屋敷(松阪市)

江戸末期に旧紀州藩士が松阪城警護のため移り住んだ武家屋敷で、城の裏門と搦手門を結ぶ石畳の両側に並んでいます。長屋建ての母屋2棟と前庭、畑地、土蔵などが槙垣に囲まれた姿は往時そのままです。このような組長屋は全国でも大変珍しく、今も人々の暮らしが営まれています。そのうちの1棟は内部を一般公開しています。

ギャラリー

アクセス

アクセス

JR・近鉄「松阪」駅から1.5km