1. トップページ
  2. 事業紹介
  3. 調剤薬局事業
  4. フラワー薬局通信
  5. 前立腺肥大、この悩ましい病気!!

事業紹介

フラワー薬局通信

前立腺肥大、この悩ましい病気!! -2015年6月30日掲載-

50歳を過ぎた多くの男性がひそかに悩んでいること・・・

  • 最近おしっこの勢いがなくなった
  • 排尿に時間がかかる
  • すぐにトイレに行きたくなる

この症状は前立腺肥大によって引きおこされます。女性にはないこの前立腺という器官は、男性の膀胱のすぐ下にあって、尿道をとりかこんでいます。加齢とともにこの前立腺が大きくなって尿道を圧迫するので、尿の出が悪くなるのです。即、命にかかわることではないけれど、日常生活のQOLを下げる悩ましい症状ですね。


前立腺肥大のお薬

高齢化がすすむとともに治療薬の開発がさかんになり、新薬も出てきています。医療機関にかかると、大きくわけて2種類の薬が処方されることが多いです。

  • おしっこの出をよくする薬(α遮断薬、5α還元酵素阻害薬、抗アンドロゲン薬など)
  • おしっこの回数を減らす薬(抗コリン薬、選択的β3アドレナリン受容体作動薬など)

この2種類、反対の効能だと思いませんか?
薬局のカウンターでも、患者さまからよく聞かれる質問です。

前立腺肥大の薬物療法

泌尿器科の先生に伺うと、これは車にたとえると「アクセルとブレーキ」とのこと。
わかりやすい例えですね。でもなかなか匙加減が難しいのです。おしっこの回数を減らす薬が効きすぎると、全くおしっこの出ない状態(尿閉)になってしまい、これはすぐに医療機関を受診しておしっこを出してもらわなければ危ない状態です。とはいえ、この薬の効果が弱すぎると、尿意切迫感や尿失禁がおきてしまうこともあります。

医師はいろんな薬の組み合わせを手探りで行い、その患者さまにぴったりのものを処方します。それでも、体調の変化で膀胱内の残尿が増え細菌が繁殖したり、今までのように薬が効かなくなったりと、こまめに調整していかなくてはいけません。ひと昔まえは、大きくなった前立腺を手術で削りとることも行われていましたが、今は薬による治療が一般的です。

おしっこの出をよくする薬で最近発売されたのがED治療薬の成分で低用量のもの。低用量だと前立腺肥大に効果があるのです。ED治療薬は保険がききませんが、前立腺肥大の治療の場合は保険適用です。ED治療薬の場合と同じように、この薬は狭心症でニトロ製剤を使っている方はのめません。

前立腺がん検査の際は注意

またこの年代の男性で気をつけなければいけないのが前立腺がんです。血液検査のPSAという項目をご存知ですか?前立腺がんの腫瘍マーカーで、健康診断の項目にも入っています。さきほどお話した「おしっこの出をよくする薬」の中にはこのPSAの値に影響を与える薬もあり、せっかく検査をしても前立腺がんが見逃されてしまうことがあります。この薬をのんでいる方は検査医療機関に申し出る必要があります。

おしっこのことでお悩みの中高年の男性の方々。ぜひ医療機関を受診してぴったりの薬をみつけてもらい、バス旅行や海外旅行をこころおきなく楽しんでくださいね。