無痛分娩事故で院長送検へ=業務上過失致死の疑い―大阪府警

大阪府和泉市の産婦人科医院で1月、麻酔で陣痛を和らげる無痛分娩(ぶんべん)で出産した女性=当時(31)=が死亡する事故があり、適切な処置をせず女性を死亡させたとして、府警和泉署が担当した男性院長(59)を業務上過失致死の疑いで書類送検する方針を固めたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者などによると、事故があったのは同市の「老木レディスクリニック」。女性は無痛分娩で出産中に呼吸困難に陥り、意識不明になり、約10日後、低酸素脳症で死亡した。府警は、院長が気道挿管などの適切な呼吸回復措置を怠ったとみている。

同院の代理人弁護士は取材に対し「呼吸回復のための措置は十分に行っていた」と説明している。

捜査関係者によると、女性は背中に細い管を入れて、麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」を受けたが、容体が急変し、呼吸困難となった。別の病院に移されたが、死亡した。子供は帝王切開で生まれ、無事だった。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)