千葉大付属病院で院内感染か=死亡患者4人から緑膿菌

千葉大医学部付属病院(千葉市)で8月末~9月末に亡くなった患者4人の体内から「多剤耐性緑膿菌」が検出されたことが5日、分かった。同病院は院内で感染した可能性もあるとして、市の保健所へ報告。第三者を交えた調査委員会を設置した。

同病院によると、多剤耐性緑膿菌は主に感染者と接触することでうつる。免疫力が低下した患者に感染すると生命の危険があるという。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)