日本ルナ、ヨーグルト13万個回収=農薬検出大麦を使用

日本ルナ(京都府八幡市)は4日、基準値を超える残留農薬が検出されたシリアルが付いているとして、「TOPCUP アサイーヨーグルトボウル」と「TOPCUP グリーンスムージーヨーグルト」の計13万2000個を自主回収すると発表した。対象は2018年4月6~23日の賞味期限が記載されている商品。

伊藤忠商事が3日に食品衛生法上の基準値を大幅に超える残留農薬が検出されたと公表したオーストラリアからの輸入大麦がシリアルに使われていた。日本ルナは「食べても健康に影響はないが、商品が手元にあれば送付してほしい」と説明している。この問題では、日清シスコも3日に2種類のシリアル食品計31万5000袋を自主回収すると発表している。

料金着払いで送付すれば、代金相当のクオカードを返送する。問い合わせ先は、日本ルナお客様相談係(0120)496103。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)