スイス製薬会社の敗訴確定=後発薬の特許侵害訴訟―最高裁

後発医薬品(ジェネリック)に抗がん剤の特許を侵害されたとして、スイスの製薬会社デビオファーム社が東和薬品(大阪府門真市)に製造販売の差し止めなどを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は8日付の決定で、デビオ社側の上告を棄却した。特許侵害を認めず、デビオ社側の訴えを退けた一、二審判決が確定した。

医薬品の特許は原則20年で、最長5年の延長が認められている。訴訟では、延長期間中の特許の効力が及ぶ範囲が争われた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)