偽「ハーボニー」で逮捕=販売容疑、新たに男女2人―警視庁

高額なC型肝炎治療薬「ハーボニー配合錠」の偽造品流通事件で、警視庁生活環境課は4日、卸売業者に偽の同製品を販売したとして、医薬品医療機器法違反容疑で、いずれも住所不定、無職の大久保博幸(49)、菊地さおり(44)両容疑者を新たに逮捕した。同課は2人の認否を明らかにしていない。

2人の逮捕容疑は2017年1月ごろ、東京都の卸売業者「エール薬品」(廃業)にハーボニーの偽ボトル1本を約80万円で販売した疑い。中身はビタミン剤だったという。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)