埼玉医科大学国際医療センターの患者データ管理基盤に=ボックス〔BW〕

【ビジネスワイヤ】クラウドストレージサービスのボックスジャパン(Box Japan、東京都千代田区)は、埼玉医科大学国際医療センターが患者向け情報共有ポータルサイトのデータ管理基盤として、Boxを採用したと発表した。同ポータルサイトは、血液検査データなどの診療データを、患者と医療機関が安全に共有するためのもの。今月から実証実験を開始し、2019年末までに本格運用を開始する予定。同センターは患者中心の医療を基本理念としており、同ポータルサイトにより、不要な検査やコストの削減と医療連携の向上を図る。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)