神経幹細胞療法の研究支援契約獲得=ニューラルステム〔GNW〕

【グローブニューズワイヤ】神経系疾患の新規治療を開発しているバイオ医薬品会社、ニューラルステムは、米国防総省から第I相中小企業技術革新研究プログラム(SBIR)の契約を獲得したと発表した。15万ドルの付与は、NSI-566ヒト神経幹細胞ラインを、重篤な外傷性脳損傷(TBI)の治療候補として開発する同社の継続的な取り組みを支援する。NSI-566は、脳卒中、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、慢性脊髄損傷に起因する麻痺の治療のために試験中の幹細胞療法。NSI-566は、脊髄損傷のある患者に移植すると神経の改善をもたらすことが判明しており、ALS患者に移植すると機能上の効果をもたらす。〈GNW〉

【編注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)