生活保護費6500万円詐取か=容疑で元北区職員逮捕―警視庁

死亡した生活保護費受給者が生きているように装い、東京都北区から保護費約220万円をだまし取ったとして、警視庁王子署は4日、詐欺容疑で、元区職員の小林昇容疑者(46)=さいたま市岩槻区本町=を逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

北区によると、小林容疑者は2010年5月~今年3月、死亡または転出した受給者12人の生活保護費計約6500万円をだまし取ったと話している。生活費や遊興費に使ったという。

逮捕容疑は、生活福祉課でケースワーカーとして勤務していた昨年4~10月、担当する男性3人が死亡したのに生きているように装い、虚偽の面接カードを提出するなどして同区から十数回にわたり、生活保護費計約220万円をだまし取った疑い。

同署によると、小林容疑者は給付担当者に「本人は窓口に来られないので、自分が代理で受け取る」などと説明していたという。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)