殺人容疑で元看護師逮捕=患者点滴に消毒液、容疑認める―横浜患者殺害・神奈川県警

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で2016年9月、同じ病室に入院中の男性患者2人が相次いで中毒死した事件で、神奈川県警は7日、うち1人の点滴に消毒液を混入し殺害した疑いが強まったとして、同病院の看護師だった久保木愛弓容疑者(31)を逮捕した。県警によると、同容疑者は「間違いない。申し訳ないことをしてしまった」と容疑を認めているという。

県警は、もう1人の男性の死亡にも久保木容疑者が関与した疑いがあるとみて、裏付け捜査を進める。

逮捕容疑は16年9月18日午後3時~4時55分ごろ、当時勤務していた同病院の4階に入院していた西川惣蔵さん=当時(88)=の点滴に異物を混入し、殺害した疑い。

県警によると、久保木容疑者は同日、夜勤に当たっていた。夜勤は通常、午後5時から翌朝8時半までだが、引き継ぎを受けるため午後3時ごろ出勤。約2時間後に西川さんが死亡するまでの間に、点滴に消毒液を混入させたとみられる。

事件は、西川さんの死亡から2日後の同20日、同じ病室に入院していた八巻信雄さん=同=が死亡して発覚した。八巻さんの死亡時、点滴が泡立ったことを不審に思った病院関係者が警察へ通報。司法解剖などの結果、点滴や八巻さんの体内から消毒液に含まれる界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明した。

捜査関係者によると、西川さんは病死とされていたが、司法解剖の結果、体内から同成分の界面活性剤が検出され、県警は連続殺人事件として捜査。混入された点滴のゴム栓から注射針の跡が見つかったことなどから、医療関係者の関与を視野に調べていた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)