元看護師を再逮捕=別の男性患者殺害疑い―大口病院連続中毒死・神奈川県警

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で患者2人が相次いで中毒死した事件で、男性患者=当時(88)=を殺害したとして逮捕された元看護師久保木愛弓容疑者(31)について、神奈川県警は28日、同じ病室に入院していた八巻信雄さん=同=の点滴にも消毒液を混入し殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で再逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

再逮捕容疑は2016年9月18日午後7時55分~19日午前7時半ごろの間、同院4階のナースステーションに保存してあった点滴袋に消毒液を混入し、投与された八巻さんを殺害した疑い。

県警によると、久保木容疑者は18日午後から19日朝まで夜勤。同容疑者の退勤後、事情を知らない別の看護師が点滴を投与した。八巻さんは20日未明に体調が悪化して死亡した。

看護師が点滴の泡立ちを不審に思い、警察へ通報。司法解剖の結果、遺体から界面活性剤の成分が検出され、中毒死と判明した。八巻さんは死亡前、寝たきりの状態で、同容疑者との間でトラブルなどはなかったとみられる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)