県立病院に20億円寄付=昨年末、「医療の充実に」と―青森

青森県は27日、県立中央病院(青森市)が昨年12月末に20億円の寄付を受けたことを明らかにした。寄付者は「病院の医療の充実・発展に使ってほしい」との趣旨で申し出たという。県は、寄付者の意向で寄付したのが個人か団体なのかを含め詳細は公表していない。

県病院局によると、昨年12月28日に同病院の口座に入金があった。関連は不明だが、同日これとは別に、青森市在住の個人が同市に「短命」の汚名返上を目指して市民の健康づくりやスポーツ振興に使ってほしいと20億円を寄付している。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)