〔決算〕田辺三菱、4~6月期は減収減益

田辺三菱製薬〈4508〉=2018年4~6月期の連結業績は減収減益。17年10月のジェネリック医薬品事業の譲渡や薬価改定、主力の関節リウマチ治療薬「レミケード」のバイオシミラー(バイオ後続品)が登場したことで、国内医療用医薬品の売上高が前年同期比10.4%減の716億円と減少。各段階の利益を圧迫した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)