ローソンで介護・栄養相談=薬局併設店に窓口追加

ローソンは1日、調剤薬局を併設したコンビニエンスストアに、新たに介護や栄養について相談できる窓口を設けた新店舗をオープンした。薬剤師や管理栄養士が健康に関わる幅広い相談にワンストップで応じられるようにする。

新店舗は「ローソン千駄木不忍通」(東京都文京区)。調剤薬局運営のクオール(東京)と、介護・栄養相談を行う医療法人龍岡会(同)と提携して開店した。相談は簡単な内容なら基本的に無料。コンビニの商品は、一般用医薬品や介護用品の品ぞろえを強化した。

コンビニは24時間営業だが、薬局の営業や各種相談は夜間や祝祭日などは実施しない。また、飲食スペースで定期的に健康関連のイベントを実施する。オープン初日は血圧などの測定会や龍岡会による介護講座が開かれた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)