元看護師を鑑定留置=患者連続死―横浜地検

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で入院患者が連続死した事件で、横浜地検は3日、患者3人の点滴に消毒液を混入、殺害したとして殺人容疑で逮捕された元看護師久保木愛弓容疑者(31)について、刑事責任能力を判断するため鑑定留置を始めたと発表した。期間は12月3日まで。

久保木容疑者は2016年9月、同病院に入院していた78~88歳の男女3人の点滴袋に消毒液をそれぞれ混入し、殺害したとして、今年7~8月に3回逮捕された。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)