受精卵ゲノム編集、容認へ=基礎研究で来春にも―文科省など

文部科学省と厚生労働省の専門家会議は28日、遺伝子を効率よく改変する「ゲノム編集」について、人の受精卵に行う基礎研究を認める指針案をまとめた。指針は一般からの意見募集などを経て来春にも施行され、研究が解禁される。

指針案は、不妊の仕組みの解明など、生殖補助医療に役立つ基礎研究に限って容認した。改変した受精卵を子宮に移植することについては、生まれる子に健康上の問題が起きる恐れのほか、倫理面の問題が指摘されており、禁じた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)