65歳以上雇用へ制度改正=「生涯現役社会」実現―政府会議

政府は5日、未来投資会議(議長・安倍晋三首相)を開き、新たな成長戦略の議論を始めた。65歳以上の継続雇用に向けた制度改正などを協議、「生涯現役社会」の実現を図る。地域金融機関などの再編促進も主要議題に据えた。来年夏に3カ年の工程表を策定し、閣議決定する。

安倍首相は「全世代型社会保障の改革について集中的に議論を進める」と検討の加速を指示した。

議論は「社会保障制度改革」「地方施策の強化」、先端技術による「産業革命」の三つが柱。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)