医薬品の新しい特許情報データベースを新設=WIPOとIFPMA〔BW〕

【ビジネスワイヤ】世界知的所有権機関(WIPO)と国際製薬団体連合会(IFPMA)は、医薬品の新しいオンライン特許情報データベースを開設したと発表した。同データベースにより、医療関係者は市販医薬品の特許状況を迅速・容易に確認でき、製薬会社への直接質問も可能。医薬品の効率的な調達に役立つ。データベースは参加企業が20社、登録特許が1万4000件超、国際一般名(INN)の医薬品が約160種に上る。今後、現在は一部限定の対象医療分野を全分野に拡充していく予定。 〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)