新産別結成の製薬労組を批判=「分断助長」―UAゼンセン

小売りや外食、化学などの労働組合を束ねる国内最大の産業別労組UAゼンセン(約178万人)の木暮弘書記長は11日、東京都内で記者会見し、製薬系の加盟労組が脱退届を提出し、業界結集を目指す産別組織を新設したことについて「関連労組の分断を助長し、産業を代表する機能を果たせない」と批判した。

アステラス製薬や第一三共などの12労組は10日に「医薬化粧品産業労働組合連合会」(薬粧連合、約2万7000人)を結成。製薬大手両社を含む加盟9労組が9月に提出した脱退届の扱いについて、木暮書記長は「受理して直ちに認めるということにはならない」と語った。

脱退理由として統一労使交渉の限界が挙げられた。UAゼンセンの木暮氏は、製薬労組が上部団体に加盟したまま、まとまって政策提言を行う組織の検討を進めてきた、と指摘し、脱退しなくても業界を結集した活動は可能だ、と反論した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)