心臓手術後に女性死亡=カテーテル引き抜き損傷―京大病院

京都大付属病院は26日、60代後半女性の手術で挿入したカテーテルを引き抜いた際、心臓を傷つける事故があったと発表した。女性は多量に出血して意識が回復しないまま、4カ月後に死亡した。同病院は脳への血流が30分ほど低下したことによる低酸素脳症が死因とし、遺族に謝罪した。

京大病院によると、女性は大動脈弁狭窄(きょうさく)症と診断され、6月に心臓血管外科の複数の専門医が人工弁に交換する手術を行った。その際、直径約3ミリのカテーテルを肺動脈まで挿入しようとしたが届かず、先端を心臓の右房に置いたまま手術した。

胸を閉じた後、カテーテルが右房内で大きくたわんでいることが判明し、引き抜こうとして出血。胸を開いて調べたところ、カテーテルが誤って右房壁に縫い込まれており、引き抜こうとしたことで右房が大きく裂けていたという。

記者会見で病院側は「肺動脈カテーテルは通常はすんなり入る」と説明し、稲垣暢也病院長は「医師に過失があったと言い切れる状況ではない」と話した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)