医薬品管理に注意を=青酸カリ送付受け通知―厚労省

東京や大阪の製薬会社などに青酸カリとみられる白い粉末と脅迫文が送られた事件を受け、厚生労働省は31日までに、医療機関、薬局、医薬品製造販売業者に対し、管理について注意を求めるよう、都道府県などに通知した。

脅迫文には「青酸カリを入れた偽物の薬を作り、流通させる」などと書かれていたとされ、通知では各機関が扱っている医薬品の外観や封などを十分確認するよう要請。製造や流通の過程で異物が混入されないよう、保管場所などへの部外者の立ち入りに特に注意するよう求めた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)