緊急避妊薬、無許可で販売容疑=フリマサイト出品の男逮捕―警視庁

フリーマーケットサイトを通じ外国製の緊急避妊薬を無許可で販売したとして、警視庁生活環境課は1日までに、医薬品医療機器法違反容疑で、仙台市太白区八木山本町、無職宝沢健資容疑者(46)を逮捕した。容疑を認め「目的はお金を得るため」と供述しているという。

逮捕容疑は昨年7~8月、医薬品販売業などの許可を受けていないのに、群馬県の20代男性ら4人に緊急避妊薬6箱を計約1万9000円で販売した疑い。

同課によると、宝沢容疑者はインターネット交流サイト(SNS)で「アフターピル 迅速発送」などと客を募り、フリーマーケットサイトに誘導。「腕時計」と称して緊急避妊薬を1箱3000円前後で販売していた。2017年12月~18年8月に計297回出品しており、約100万円を売り上げていたとみられる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)