介護施設の事故死1500人=17年度、厚労省調査

厚生労働省は14日、全国の特別養護老人ホーム(特養)と介護老人保健施設(老健)の入所者のうち、2017年度に事故で死亡した人が少なくとも計1547人いたとの調査結果(速報値)を公表した。全国調査は初めてで、施設から市区町村に報告があった件数をまとめた。

調査は、施設の衛生管理や事故の報告ルールなどを把握する目的で実施。死亡事故の内訳は、特養が計772施設で1117人、老健が計275施設で430人だった。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)