体内にワイヤ放置、患者死亡=業過致死容疑で捜査―大阪府警

大阪府寝屋川市の病院で2017年、治療で使ったワイヤを男性患者の体内に置き忘れ、それが原因で患者が死亡していたことが4日、分かった。府警捜査1課は業務上過失致死容疑で、詳しい経緯を調べている。

同課によると、亡くなったのは寝屋川市の無職鈴木博さん=当時(69)=。17年11月に肺炎などで同市の「寝屋川生野病院」に入院し、自力で食事できないため、脚の付け根に栄養輸液摂取用のカテーテルを挿入する施術を受けた。

この時、担当医がカテーテルを静脈に誘導するガイドワイヤを抜き忘れ、体内に放置。鈴木さんは転院した大阪市都島区の「明生病院」で18年2月、カテーテルを抜く手術を受けた際、容体が急変し死亡した。

司法解剖の結果、長さ約1メートルのワイヤが、手術中に心臓を貫通し、出血が心臓を圧迫する「心タンポナーデ」を起こしたことが死因と判明。同課は術前や術後のチェックを怠った可能性があるとみて、両病院の担当医らから事情を聴いている。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)