無痛分娩中の死亡事故、院長不起訴=遺族、検審申し立てへ―大阪地検

大阪府和泉市の産婦人科医院で2017年、無痛分娩(ぶんべん)で出産した長村千恵さん=当時(31)=が死亡した事故で、大阪地検は9日、業務上過失致死容疑で書類送検された男性院長(61)を嫌疑不十分で不起訴とした。遺族側は処分を不服として、検察審査会に審査を申し立てるという。

長村さんは17年1月、出産の痛みを弱めるため、脊髄を守る硬膜の周囲に麻酔薬を注入する「硬膜外麻酔」を受けた際、管が誤って奥まで刺さり容体が急変。帝王切開で生まれた女児は無事だったが、長村さんは低酸素脳症で10日後に死亡した。

府警は同10月、人工呼吸など適切な救命措置を怠り死亡させたとして、院長を業務上過失致死容疑で書類送検していた。

病院側弁護士によると、院長は地検に「できる限りの処置はした」と説明したといい、地検は刑事責任を問えるほどの過失はなかったと判断したとみられる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)