健保法改正案が衆院通過=扶養家族に国内居住要件

健康保険が適用される扶養家族の要件に、原則として国内に居住していることを追加する健康保険法などの改正案が16日、衆院本会議で自民、公明両党のほか、立憲民主、国民民主、日本維新の会などの賛成多数で可決され、参院に送付された。今国会で成立する見込み。

外国人労働者の受け入れ拡大への対応の一環。改正案では健保の扶養家族や、保険料負担なしで年金を将来受け取れる厚生年金加入者の配偶者を、日本国内で生活している人に限定する。ただ海外赴任への同行や留学など、再び日本で生活する可能性が高い場合は例外とする方針。2020年4月から施行される。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)