台湾の医療関連組織が患者安全の取り組みを誓約=患者安全推進財団〔BW〕

【ビジネスワイヤ】予防可能な死亡の根絶に取り組む患者安全推進財団(PSMF)は、台湾の病院と医療学会が新たに「実施可能な患者安全ソリューション」(APSS)の導入を誓約したと発表した。誓約したのは病院4軒と台湾麻酔科学会の5組織。誓約は台湾病人安全推広同好会(TPSCC)が主催した第3回年次患者安全大会(4月27日、台湾・台中)で発表された。台湾では過去2年間で38組織がAPSSを導入済み。〈BIZW〉

【編注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)