武田、ドライアイ治療薬を売却=買収債務返済で最大5800億円

武田薬品工業は9日、ドライアイ治療用の点眼薬「シードラ」と関連事業をスイス製薬大手ノバルティス社に売却すると発表した。譲渡額は最大53億ドル(約5800億円)。調達した資金は、約6兆2000億円を投じた1月のアイルランド大手シャイアーの買収で膨らんだ債務の削減に充てる。

武田は、一時金34億ドルに加え、ノバルティス側での事業の成果に応じて最大19億ドルを受け取る。また、手術用接着剤の製造販売権も4億ドルで米大手ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下の企業に譲渡する。いずれも売却実行は2019年下半期の見通し。

点眼薬のシードラは買収したシャイアーが保有する製品。18年の売り上げは約3億8800万ドルで、今後販売拡大が期待されている。

武田はシャイアー買収に際し、負債返済のため非中核事業を1兆円規模で売却する方針を掲げていた。ノバルティスは「メガファーマ」と呼ばれる世界的な巨大製薬企業の一つ。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)