介護給付費、過去最高=2017年度は9.4兆円―厚労省

厚生労働省は30日、2017年度の介護保険事業状況報告を発表した。利用者負担を除いた介護給付費は、前年度比2.3%増の9兆4443億円で過去最高となった。

65歳以上の第1号被保険者1人当たりの給付費は同0.9%増の27万1000円と、3年ぶりの増加に転じた。都道府県別に見ると、最高が島根県の31万2700円、次に高かったのは秋田の30万1800円。最低が埼玉の20万4400円、次に低かったのは千葉の21万1500円だった。地方ではより高齢化が進んでいるため、1人当たりの給付費も増えたとみられる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)