国保保険料の上限引き上げ=3万円増、医療費伸びに対応―厚労省

厚生労働省は31日、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)医療保険部会で、自営業者や非正規社員らが加入する国民健康保険の保険料について、高所得者が納める年間上限額を引き上げる方針を示した。一緒に納付する介護保険料も上限を引き上げ、合わせて3万円アップの99万円(現在は96万円)を新たな上限額とする。

同日の医療保険部会では異論は出ず、厚労省は来年度から実施する考え。上限引き上げが実現すれば3年連続となる。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)