「悪玉破骨細胞」が原因=関節リウマチ、新薬開発期待―大阪大

関節リウマチで骨を壊すのは「悪玉破骨細胞」であり、その前段階の細胞をマウスの関節組織で特定したと、大阪大の石井優教授や長谷川哲雄特任研究員らが26日までに米科学誌ネイチャー・イムノロジー電子版に発表した。

この悪玉破骨細胞に変わる前段階の細胞は、英語名の頭文字から「AtoM(アトム)」と命名。アトムに相当する細胞は関節リウマチ患者の関節液にもあり、薬剤で悪玉破骨細胞に変わるのを阻害できた。新たな治療薬を開発する手掛かりになると期待される。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)