上海・武漢便で水際対策強化=指定感染症の検討も―新型肺炎で厚労省

新型コロナウイルスによる肺炎患者の拡大を受け、厚生労働省は水際対策を強化する。感染者が多発する中国・武漢市に加え、同市に比較的近い大都市の上海市からの航空機も対象に、体調不良の申告を求めるカードを近く乗客に配布。訪日客が増える24日からの春節(旧正月)連休を控え、警戒を強めている。

同省によると、上海便では、体調不良の人に自己申告するよう促す健康カードを配布。武漢便はこれに加え、発熱などの症状の有無や連絡先を記載する質問票を配り、検疫時に回収する。週内にも配布を始める見通し。

武漢市からは週に計38便が成田、関西、中部、福岡空港に到着しており、同省は乗客を約5700人と推計する。一方、上海便は全国の空港で週400~500便に上る。乗客数は武漢の10倍以上とみられ、春節期間中はさらに増えると予想される。

今回の肺炎はまだ法令上の位置付けがなく、仮に国内で感染が広がっても入院などの強制措置は取れない。感染症法は、1~3類に未分類の感染症を政令で「指定感染症」に指定できると規定。指定されれば、危険性が高い2類の中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などと同様に、感染者の強制入院や就業制限が可能になる。

同省担当者は今回の肺炎について、「現時点では死者数が少なく、毒性は低いとみている」として、指定の具体的な検討には入っていないと説明する。ただ、加藤勝信厚労相は21日の閣議後の記者会見で、「世界保健機関(WHO)の緊急理事会での議論をしっかり見極めた上で判断していく」と述べ、WHOの判断によっては指定の検討を進める考えを示した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)