マツキヨとココカラ統合=来年10月、ドラッグストア首位

ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスとココカラファインは31日、2021年10月1日付で経営統合することで合意したと発表した。持ち株会社を新設し、両社が傘下に入る。売上高を単純合計すると約1兆円、店舗数も約3000店に拡大し、業界最大手のツルハホールディングスを抜き、首位に浮上する。

統合に先立ち、マツキヨは今春にココカラ株式の約20%を取得し、持ち分法適用会社にする。持ち株会社の本社は東京に置き、代表にはマツキヨの松本清雄社長が就く。統合後も一定期間は両社のブランドを併用する。持ち株会社の社名や統合比率など詳細は今後詰める。

マツキヨは商品開発力に優れ、訪日外国人客にも人気が高い。ココカラは調剤部門が強く、双方のノウハウを持ち寄ることで規模を拡大し、収益力を強化する考え。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)