クルーズ船、新たに10人感染=食料補給で着岸、救急搬送―新型肺炎

厚生労働省は6日、乗客乗員が新型コロナウイルスに集団感染したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、新たに日本人4人を含む乗客10人の新型ウイルス感染が確認されたと発表した。船内の乗客乗員の感染は、下船した香港の男性を除き計20人(日本人は計7人)となり、国内の感染者は計45人となった。

また、5日に感染が判明した10人のうち、持病を持つ1人の体調が不安定になった。6日、神奈川県内の医療機関に転院したが、詳しい症状は不明という。

厚労省によると、6日に感染が判明した10人は症状はあるが重症ではなく、歩ける状態という。香港の男性との濃厚接触はなく、神奈川県内の医療機関に同日救急搬送され入院した。日本人4人は60代女性1人と、70代の男性1人、女性2人。他の6人は、米国の60代と70代の女性、カナダの60代女性と70代男性、ニュージーランドの50代男性、台湾の60代女性だった。

同省は乗客らのうち、発熱などの症状がある人ら計273人分の検体を採取して検査。6日までに102人の結果が判明し、計20人から陽性反応が出た。同省は6日午後も、残り171人分の検体の検査を進めており、感染者数はさらに増える可能性がある。また、重症化する恐れがある高齢者や、持病がある人に対しては、症状がない場合の検査も検討している。

5日に集団感染が確認されたことを受け、同省は乗客らに19日までの2週間、船内待機を要請した。6日に新たに10人の感染が確認されたが、待機期限としている19日は変えない方針。同省は、個室で過ごすことやマスクの着用、手洗いの徹底などを求めた。

同船は6日午前、船内に留め置かれた約3700人の乗客乗員に向け、食料や物資を補給するため、横浜市の大黒ふ頭に着岸した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)