がん免疫療法にゲノム編集=臨床試験で機能確認―米大学

がん患者自身の免疫細胞を強化する療法「CAR―T細胞療法」に遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を応用し、改変した免疫細胞が患者の体内で機能することを臨床試験で確認したと、米ペンシルベニア大の研究チームが6日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

臨床試験は昨年、進行した難治性のがん患者3人を対象に実施。骨髄腫の66歳と62歳の女性、腹部や腰に肉腫ができた66歳の男性で、この男性は一時、部分的に肉腫の縮小が見られた。3人とも数カ月後から進行して別の治療を受け、62歳の女性は死亡した。

研究チームによると、さらに技術を改善して多くの患者で試験を行い、長期間観察して安全性と有効性を確認する必要がある。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)