NY市死者、さらに5000人か=コロナ起因の可能性―米CDC

【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は11日、ニューヨーク市で新型コロナウイルス関連と判断されなかったものの、「直接、間接的に起因していた可能性がある」死者が推計5200人以上いたと発表した。

市保健局には3月11日~5月2日に3万2107人の死亡が報告された。このうち、過去の統計などから予想される死者数に対して実際の死者数が上回る「超過死亡」は2万4172人に上り、新型コロナと関連している可能性があるという。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)