武田薬品、営業益3.5倍へ=買収の負担軽減―21年3月期

武田薬品工業は13日、2021年3月期連結業績予想で、本業のもうけを示す営業利益が前期の3.5倍の3550億円になる見通しを発表した。昨年1月の欧州大手シャイアー買収の関連費用などが軽減されることが大きい。新型コロナウイルスの影響は限定的だという。

純利益は前期比35.6%増の600億円を予想。売上高は事業売却が影響し、1.3%減の3兆2500億円の見通しだ。

電話会見したクリストフ・ウェバー社長は、開発中の新型コロナ感染症の治療薬について、欧米や日本で行う臨床試験(治験)の患者登録を「7月に開始したい」と表明した。売却を検討する国内の大衆薬子会社に関しては「コアビジネスではない」と述べた。

20年3月期決算は、買収関連の負担が重く、営業利益が前期比57.8%減の1004億円、純利益が67.3%減の442億円だった。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)