ネット健康相談、8月末まで延長=新型コロナ受け、無料で対応―経産省

経済産業省は23日、インターネット経由で医療専門家に健康相談ができる無料窓口の設置期間を8月末まで2カ月間延長する方針を固めた。新型コロナウイルス感染への懸念から病院・診療所訪問をためらう声が多く、26日の終了期限を延ばす。

無料窓口は、LINE子会社のLINEヘルスケア(東京)やメディプラット(同)など4社が受託。公費支援により、利用者は専門医にチャットや音声通話で健康不安を無料相談できる。医師は診察や薬の処方はできないが、最適な診療科の受診などを助言できる。

感染懸念から通院に不安を感じる人や外出自粛で体調を崩す人が依然多いとされ、経産省は「オンライン相談の需要は大きい」(幹部)と判断した。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)