中国のPCR検査能力、日本の130倍=1日378万件、実績9000万件超

【北京時事】中国国家衛生健康委員会は24日の記者会見で、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、1日当たりの国内の検査能力が3月初めの126万件から現在は378万件まで拡大したことを明らかにした。1日最大2万8000件余りの日本の130倍以上に相当する。これまでの検査実績も22日までに9041万件に達したという。

食品卸売市場発の集団感染が今月発生した首都・北京市では、市外に出る人や飲食店店員、宅配業者らにPCR検査を義務付けるなど、広範囲な検査で感染者を見つけ出し、「第2波」を封じ込めようとしている。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)