低所得国支援に7400億円=コロナワクチン普及、歌手らも連帯―EUが国際会議

【ブリュッセル時事】新型コロナウイルスのワクチンや治療薬を低所得国や貧困地域を含め世界各地に普及させるための国際会議が27日、欧州連合(EU)欧州委員会などの主催でオンラインで開かれた。約40カ国・地域や企業、財団が計61億5000万ユーロ(約7400億円)の資金支援や協力を約束した。

会議や関連イベントには、各国首脳や国際機関、企業トップらに加え、米俳優のドウェイン・ジョンソンさんや米歌手マイリー・サイラスさん、英ロックバンドのコールドプレイら各界の著名人も多数参加。ビデオメッセージや演奏で連帯を呼び掛けた。

フォンデアライエン欧州委員長は会議で、「自国民だけにワクチンを接種すればウイルスに勝てると考えるのは、明らかに間違いだ」と強調。高所得国による囲い込みを避け、ワクチンが中低所得国にも行き届くようにすべきだと訴えた。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)