国内初のコロナワクチン治験=創薬ベンチャー開発―大阪市大病院で開始

大阪大発の創薬ベンチャー「アンジェス」(大阪府茨木市)は30日、新型コロナウイルスの感染や重症化を防ぐワクチンの臨床試験(治験)を始めたと発表した。新型コロナワクチンの治験は国内初で、安全性や有効性を確かめる。

アンジェスなどによると、治験は大阪市立大付属病院で健康な成人30人で実施。2週間空けて2回接種し、投与量が多いグループと少ないグループで結果を比較する。

安全性が確認されれば10月ごろに治験の参加者を500人程度に増やして早期承認を目指す。

アンジェスが開発したのは「DNAワクチン」と呼ばれる新しいタイプで、複製したウイルスのDNAの一部を体内に取り込んで免疫を作る。

ウイルス本体を培養する必要がないため製造期間を短縮できるなどの利点があり、来年3月までに20万人分の製造体制を整える。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)