薬価調査実施を了承=規模は縮小―中医協

中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)は22日の総会で、2021年度の薬の公定価格改定に先立つ薬価調査を今秋に行う方針を了承した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、医薬品卸と医療機関との価格交渉が遅れているなどとして見送りを求める声があったが、調査対象の規模を縮小した上で実施する。

政府は17日に閣議決定した経済財政運営の基本指針「骨太の方針」で、薬価調査を実施した上で改定については「新型コロナの影響も勘案して、十分に検討し、決定する」と明記。これを踏まえ、改定の是非は引き続き検討する。

時事通信社

(Copyright©2007時事通信社)